1. >
  2. カードローンを使いやすくするために

カードローンを使いやすくするために

自分はよくクレジットカードで買い物するのですが、高い買い物(一万円以上)はカードローンを使うようにしています。カードを使ったらポイントも付いてくるのでありがたいです。カードローンの嫌なところは金利が高いことです。もう少し金利を低くしてくれたら助かります。あと毎月の支払い額も低くしてほしい。毎月一万円以上の支払いは安い給料の中できついので、支払い年月を増やせるようにしてほしい。そしたらもっとカードローンが使いやすくなるのに。

そこまでしなくて良い。

昔付き合っていた男性がお金使いの派手な人でした。

車を買ったと思ったらしばらくして買い換えたり、大事にしていたバイクを売ってしまった時は「あれ?この前までのバイク愛はどこへ」という感じ。

さらに趣味はパチンコと言い切るあたり、倹約家の私からすると「無駄遣い!」の一言でした。

そんなある日、二人でデートをする事になり車で迎えに来てくれたのですが、話をしていると急に「いや~先月給料少なくてさー、給料日にいきなりキャッシングだよ~」とのこと。

「そんなに困窮してるならデートとかせんで良いわ!!」と思いました。私にお金貸してと言ってこないだけましなのかもしれませんが、それでも理解できなかったです。

カードローンの利便性と危険性

カードローンは、人を救うこともあれば、不幸に陥れることもあります。

本当に現金を持ち合わせておらず、間に合わせの手段として使用するなら、これほど便利なものはないと思います。

ただ、そうでない場合の使用は、人生を狂わす原因になりかねません。

例えばギャンブルのためにカードローンを使ってしまう、というようなことは、

返せる予定もなくお金を使用してしまう危険性があるので、非常に良くないことです。

使途などを明確にしないで使用できるのは、手軽であることと同時に、どんなことにでも使えてしまう

リスクを持っています。

カードローンの怖さ

私自身はカードローンを利用した事はありませんがイメージとしてはやはり借金という感覚です。

結果借りたら返さなくてはいけないし使うお金が無いのに借りても結局は返すときに苦労するので私自身は今後も利用するつもりはありません。

普通にカードでショッピングでも借金だと思っているのでショッピングでポイントを貯めたいとき以外はカード自体も使いません。

カードローンの返済で苦労している友人を見て私も怖いなと心配になってしまいました。